読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モルダバイト考 あるいは『時の石』 後編

進撃の『時の石』 Attack on "The Stone of time" あらすじ 話は変わりますが、皆様は『時の石』という小説をご存じでしょうか。昭和56年(1981年)に出版され、SFの中編3本をおさめています。表題の『時の石』はその中の一つです。作者は栗本薫さんです…

モルダバイト考 あるいは『時の石』 前編

モルダバイト考 あるいは『時の石』 前編 この記事は当方の本業に関するブログ『みずからの手を信じて――リコネクション仙台季節だより』からの転載です。転載した理由は内容的にジョン・オブ・ゴッドとエンティティーに大きく関係してきたためです。よろしけ…

カーシャの聖リタ(Saint Rita of Cascia) 3☆エンティティーシリーズ☆

カーシャの聖リタ(Saint Rita of Cascia) 3 続いて聖リタに関する有名な4つのエピソードを紹介します。 額の傷リタが60歳位の頃、彼女がいつもの習慣になっている「磔(はりつけ)にされたキリストの肖像」の前で瞑想をしているときのことでした。突然、彼女…

カーシャの聖リタ(Saint Rita of Cascia) 2☆エンティティーシリーズ☆

カーシャの聖リタ(Saint Rita of Cascia) 2 それでは肉体を持っていた頃の『聖リタ』-『カーシャのリタ』(1381-1457)についてですが、彼女は虐待された妻や未亡人の「守護聖人」として有名です。また、逆境や窮地に立たされている人々から祈りの対象とされ…

カーシャの聖リタ(Saint Rita of Cascia) 1☆エンティティーシリーズ☆

カーシャの聖リタ(Saint Rita of Cascia)について 1 今回は若かりし頃のジョン・オブ・ゴッド(ジョアン)が初めてエンティティーの存在を認識する契機となったエンティティー『カーシャの聖リタ(Saint Rita of Cascia)』についてご紹介したいと思います。※「…

緊急特別企画 竹田さんブラジルへ(10) エンティティー編 アルメイダ医師

竹田さんブラジルへ(10) エンティティー編 アルメイダ医師 この旅行記を通してずっと「エンティティー」という単語を当たり前のように使ってきましたが、今回はこの「エンティティー」とは一体何なのかについて少し詳しくご説明させて頂きます。 竹田さんは…