読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エンティティーの愛の形

エンティティーの愛の形――「思えば思わるる」ということ(7)最終回

エンティティーの愛の形――「思えば思わるる」ということ(7)最終回 霊的な能力に変化があったかどうか いまのところ変化はなく、カーサの影響は2月以降(2016年)になればもう少し落ち着くのではないかと思っています。自分ではまだもう一皮むかなければならな…

エンティティーの愛の形――「思えば思わるる」ということ(6)

エンティティーの愛の形――「思えば思わるる」ということ(6) 子供の頃 子供の頃のことはあまり憶えていません。自分にとって都合の悪かったこととかはトラウマのようで、記憶がつぎはぎになっていて思い出せないようです。思い出すことも出来ますが感情的に…

エンティティーの愛の形――「思えば思わるる」ということ(5)

エンティティーの愛の形――「思えば思わるる」ということ(5) 滞在二週間目――首の骨のこと 私は以前パラグライダーをやっていたのですが、そのときの事故で首の骨が一部凹んでいる部分がありました。「リビジョン※1」 の前に全員でカレントルームに座るように…

エンティティーの愛の形――「思えば思わるる」ということ(4)

エンティティーの愛の形――「思えば思わるる」ということ(4) 耳がかゆい 手術中のことですが、身体の中がすごくムズムズしてきて、全身がムズムズして、それがやがてに右の耳に集ってきました。右の耳になにかが全部集まってきた、という感覚があり、右の耳…

エンティティーの愛の形――「思えば思わるる」ということ(3)

エンティティーの愛の形――「思えば思わるる」ということ(3) 回復室にて そして運ばれて回復室に行くまでのことですが、体が麻痺して動かなかったのですが、意識だけはなぜかはっきりしていました。回復室に入ってからは「目を開けていなさい」と怒られまし…

エンティティーの愛の形――「思えば思わるる」ということ(2)

エンティティーの愛の形――「思えば思わるる」ということ(2) メインホールで倒れる そのうち眠くなってきました。このまま寝てしまおうかなと思うくらい心地よくなって、ああもういいや寝てしまえ、とか思っていたら、意識がスッと抜けて、その瞬間に主人が…

エンティティーの愛の形――「思えば思わるる」ということ(1)

エンティティーの愛の形――「思えば思わるる」ということ(1) はじめに 今年11月に実施したカーサツアーでは、エンティティーから「カーサに来ることが望ましい」といわれた方々をお連れしました。今年6月に写真を提出した方々です。今回はその中のお一人にお…