読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

狼のララバイ――ある憑依(ひょうい)の物語 その一

はじめに

今回はこれまでのクライアント様とのセッションの中で特に印象に残った「憑依にまつわる問題」を書き残しておきたい、という意図のもとに書かせて頂きます。
このブログの趣旨と一見関係が無いように思われるかも知れませんが、カーザにお連れする方の中にも憑依の問題を抱えておられる方は少なからずおられます。また、私のセッションにおいては憑依の問題に係り、天使やアセンデッドマスターなどの高次の存在の協力があり、それはたくさんいるカーザのエンチダージの何柱かと同一です。

そして憑依の問題というのは一筋縄ではいかない場合が多いように存じます。

今回はこれまでのセッションにおける1つの例で、私自身が憑依を本当の意味でどのようにとらえているかを示したいと思っております。なお、プライバシーに配慮し、一部設定およびご本人の属性を変更しております。

ありふれた依頼

その電話があったのは昨年(2016年)11月の東京セッションの日程が決まって、1週間ほどたった頃のことでした。

女性の方で対面のエネルギーヒーリングを東京で受けたいとのこと。午前中のセッションを希望されました。フリーダイヤルからのお電話だったのでなにかのときのために連絡先を聞いたところ、必ず時間通り行きますので、大丈夫ですとの答え。事情があって連絡先が言えない場合もありますので、あまり気にしないようにしているのですが、あとでこのことは悔やまれました。とりあえず、お名前だけ伺って、こちらのホテルの名前と場所だけをお伝えしました。

当日になり、ホテルのエレベーターに乗るには部屋のカードキーが必要なので、待ち合わせ場所に指定しておいた1階のラウンジへ約束の時刻に迎えにいきました。

お顔を存じあげないので、お一人で座っている女性の方を探していたところ、二人連れが私に声を掛けてきました。一人は私と同じくらいの年代の女性で、もう一人は若い男性でした。女性が名乗ったので電話の女性とわかりました。仮に「三夜子(さよこ)さん」とお呼びます。

三夜子さんが手のひらを少し返して「これは私の息子です」といいました。お母さんとはあまり似ておらず、背が高く、とても整った容姿から、父親はどこか外国の方では、と思いました。

部屋に行く前にちょっとだけお茶をして行くことになりました。

三夜子さんは言葉をはっきりと話す方で、以前この辺に遊びに来たことがあるというようなことを話していました。オーラが若干人より薄いかなと拝見し、お疲れなのかもしれない思いました。ただ、歪みはあまりないようでご病気という感じはしませんでした。第七チャクラが人よりおおきく開いていたので、なにかスピリチュアルなことをやってますかと聞くと、若い頃は海外で児童支援ボランティアをやっていて、息子の父親ともそれを通じて知り合ったとのこと。

息子さんは二十歳くらいでしょうか、礼儀正しい青年で、なにも聞いていないのに、父親がドイツ人であること、いまは大学に通って建築学を学んでいること、今日は母親の買い物の付き添いで来たこと、このホテルにも一度入ってみたかったこと、などを話してくれました。仮に「ヨハンくん」と呼びましょう。

お母さんのヒーリングの間はホテルの周りを散歩しているとのこと。私が高層階に泊まっていることが判ると、後からで良いので私の部屋からの景色も見たいとのこと。

ただ、会った当初から気になっていたことがあって、それはヨハンくんのオーラはなぜかとてもくすんでいることです。恐らく基調色は青だと思われるオーラが黒に近い色になっています。それは青が濃くなって群青色になっていくような感じではなく、青に黒が注ぎ込まれた(黒で汚された)ような色になっている、ということです。

私がこれまでに会った黒いオーラを持つ人は、深刻なご病気であったり、とてもネガティブであったりと内面の問題を抱えておられる方が多かったように思うのですが、お話しを聞いている限り、とても明るくて前向きな感じがしていました。そして私が知っている黒いオーラのもう一つの特徴は「なにか外的な影響を受けいてる」というものです。

f:id:johnofgodloyola:20170316175223p:plain私のハイアーセルフは「ヨハンくんは一人ではない」という情報を私に伝えていました。つまりお母さん以外に最初から「もう一人だれかがいる」ような気がしていたということです。

とても気になりましたが、ヒーリングの依頼は三夜子さんだったので、そこでヨハンくんとは別れて二人でエレベーターに向かいました。

エレベーターが上がり始めると、三夜子さんの口から思いがけない言葉を聞くことになりました。

私はとりあえず世間話程度に「自慢の息子さんですよね」と言ってみました。
「いえ、そんなんじゃ、ないですよ…………。――あのぉ、本当のところ、息子のほうがヒーリングが必要なんじゃないかと前から思ってて、たぶん森さんが見たら判るんじゃないかと――それで連れてきたんです。森さんから見て、ヨハンはどんな風に見えますか……」

私もそのことを部屋に着いてからお伝えしようと思っていて、ただ、どうやって話を切り出したら良いものかと考えていたところだったので驚きました。そしてヨハンくんについての、さっきの自分の所見については手短に話しました。それから、
「でも、今日は三夜子さんのヒーリングだとばかり思っていたので、はっきりとしたことをお伝えするためにはもう少しヨハンさんと話す時間をいただけますか」と伝えました。

三夜子さんは、もし時間が無いようでしたら自分の時間をそっちに回してでもお願いしたいとのこと。午前のセッション時間は十分にとってありましたので、先に三夜子さんのヒーリングを終えました。

 

その二へ続く

f:id:johnofgodloyola:20170117041924p:plain

f:id:johnofgodloyola:20160606182811p:plain

f:id:johnofgodloyola:20170316181718p:plain